BAR CINE CITTA`

 
 

 

 

サンジョヴェーゼ

 

Sangiovese

主地域

トスカーナ州 エミリア ロマーニャ州 マルケ州 ウンブリア州 プーリア州 ヴェネト州など一部の北イタリアとシチリアを除くイタリアほぼ全域

起源

イタリアを代表する品種でありながら16世紀まで文献がなくトスカーナはキャンティ地域ではないかという推測しか出来ない。名前の由来も所説多数で有力候補の特定も難しい。

葡萄の特徴

中程度よりやや小さめの円筒円錐形の果房は1つないし2つの岐肩を持ち、やや密集粒である。果粒は扁円形または円形で均等な径だが、遺伝子型に拠って大きさは異なる。果皮は黒紫色で丈夫だが厚くはない。中期から晩期に熟成する。

ワインの特徴

キャンティ及びキャンティ クラシコで有名だが、環境に敏感な品種のため特定は難しいく、敢えて挙げればフレッシュな酸味があり、長期の熟成を経るとバランスのあるボディを得られる。

 

chicco d'uva list   
home